スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治乳業、チーズ30年ぶり?値下げへ 原料価格が下落

  • 2009/01/26(月) 23:53:22

 乳業最大手の明治乳業は26日、プロセスチーズなど25品目の希望小売価格を3月から4.8?10.5%値下げすると発表した。世界的な景気後退で原料の輸入チーズの価格が下がったことが理由だ。

 チーズなど乳製品は、このところ飼料や肥料の価格、運送費の高騰で値上がりが続いてきた。明治も06年3月以降、プロセスチーズを3回値上げしてきた。「詳しい資料は残っていないが、値下げは約30年前にあり、それ以来ではないか」(広報)という。主力の「明治北海道十勝スライスチーズ 8枚入」(144グラム)は8.1%下がって、370円が340円になる。

 日本のプロセスチーズの原料のほとんどは豪州やニュージーランドなどからの輸入。明治によると、主要原料のチェダーチーズの価格は03年上期では1トン当たり2200ドルだったが、ピーク時の08年上期は5700ドルにまで上がった。同年下期から下落し始め、今年上期は3700ドルになっているという。

 年々伸びてきたチーズの販売量は、各社の値上げで08年度は前年割れが確実視されている。明治は、値下げでてこ入れをはかりたい考えだ。

 チーズ最大手の雪印乳業や六甲バター、森永乳業は現時点で追随する予定はないという。原料価格が、なお高水準にあるためだとしている。(小山田研慈)

2009年1月26日19時41分 asahi.com

明治乳業、チーズ30年ぶり?値下げへ 原料価格が下落

追随する理由がないのは疑問。こうなったら、みんな明治乳業のものを優先的に買うのだ!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。